ホーム > 展覧会 > 本文

軸受性能に及ぼすクロム鋼球の表面欠陥の影響

Nov 12, 2019

機械加工、錆腐食、または原材料に起因するクロム鋼球の表面の亀裂、傷、錆およびへこみは、まとめて表面欠陥と呼ばれます。 クロム鋼球の表面欠陥はベアリングのパルス振動を刺激し、ベアリングが回転するときに振動とノイズを生成するため、クロム鋼球は表面欠陥を持つことはできません。 パルスの周期はベアリングの速度に反比例し、振幅は欠陥のサイズに関連しています。 クロム鋼球の表面欠陥が大きいほど、軸受の振動値が高いことがわかります。