風力ベアリングの潤滑解析

timg.jpg


風力発電機の入力軸速度は、一般に10〜20r / minである。 比較的低速であるため、入力軸軸受の油膜を形成することはしばしばより困難である。 油膜の役割は、金属と金属の接触を直接避けながら、ベアリング動作中に2つの金属接触面を分離することである。 ベアリング潤滑を特徴付けるパラメータλを導入することができる(λは油膜厚さと2つの表面粗さの和の比として定義される)。


λが1より大きい場合、油膜の厚さが2つの金属表面を分離するのに十分であり、潤滑効果が良好であることを示す。 λが1より小さい場合、油膜の厚さが2つの金属表面を完全に分離するのに十分ではないので、潤滑効果は理想的ではない。 潤滑不良の場合、ベアリングが損傷する可能性があります。 λが1よりも小さいことが判明した場合、一般に、ベアリング軌道とローラーの粗さを減らすだけで潤滑効果を改善します。